てん茶

てん茶とは、主に抹茶の原料となるお茶を指します。このてん茶は、玉露と同じ栽培方法で育てられます。日光を遮断して栽培するため、苦み成分のカテキンが少なく旨み成分のテアニンを多く含んでいます。さらに、油分を含んだ有機質肥料を多く与えるため、玉露より旨み成分を蓄積しています。さらに玉露と異なるのが、より長い期間日光を遮光することと摘み取り蒸した後、揉まずに乾燥させることです。この茶の名称は、挽いて粉末にするためのお茶であることから挽臼を指す碾という字を使いてん茶と呼ばれるようになりました。そして、てん茶を石臼で挽いたものは抹茶になります。ちなみにてん茶は京都府が生産量が最も多く、品評会でも何度も賞を受賞しています。しかし、一般的にはあまり販売されていないため私たちが口にすることはほとんどありません。また、てん茶とは別物ですが中国茶の中に、木の葉で作られた甜茶というお茶があります。花粉症などのアレルギーに効くと言われていますが、効果に関しては個人差が大きいです。興味がある方は薬局などでサプリメントなどが販売されていますので試してみてください。

コメント

コメントを受け付けておりません。