釜伸び茶

緑茶は摘み取った茶葉を熱加工して発酵をとめた不発酵茶です。茶葉は摘み取ったときから酵素の働きによって発酵が開始します。多くの茶葉は生葉蒸すという熱加工を行いその発酵の働きを止めます。蒸す方法が主流で緑茶の中でも最も飲まれている煎茶がこの方法です。一方、釜伸び茶とは、茶葉を高温の釜で炒って熱処理を行います。さらに、茶葉を精揉機と呼ばれる機会を使って茶葉を細撚りに整えます。最近はこの釜で炒る方法で作られるお茶は少なくなってきており、九州の熊本県や宮崎県でしか生産されていません。では、おいしい釜伸び茶の淹れ方をご紹介しましょう。まず大ぶりの急須を用意します。急須の中に煎茶で飲む際より少なめの茶葉を入れます。沸騰して少し冷ました熱めのお湯を注ぎます。茶葉が開いたら、茶碗に注ぎます。水色は茶葉を炒っているため茶褐色です。口径が大きめの器に注いだ方が焦げたような香りが強くなくなります。香ばしい香りが口いっぱいに広がり、どこか懐かしいような味です。甘いものはもちろんのこと、おかきやせんべい、食事時でも楽しむことができます。

コメント

コメントを受け付けておりません。