日本茶の効果

–¼Ì–¢Ý’è-2

日本茶とは、日本で作られたお茶のことを指し特定の茶を指すわけではありません。そのため、煎茶や抹茶なども日本茶ということになります。茶の種類によって、含まれているものが異なりますが、ほとんどの日本茶には飲むことによってさまざまな効果があります。日本茶には、カテキン、カフェイン、ビタミンや亜鉛などが含まれています。特にカテキンには、発がん作用を抑制させる効果があります。また、成人病の予防や虫歯や口臭の予防にも効果があるとされています。さらに、カテキンには殺菌作用があるため、風邪の予防や食中毒の防止にも一役買っています。最近では冬に流行するインフルエンザの感染防止にも効果があると言われており、日本茶でのうがいなども行われています。さらに、カフェインには記憶力や集中力を高めるといわれているため、子どもにも飲ませたい飲み物です。もちろん日本茶のカロリーはゼロのためダイエット中の方でも安心して飲むことができます。また、食後に飲めば脂肪を分解する酵素の働きを高める効果もあります。このように日本茶にはたくさんの効果があります。